6月は湿気だけじゃない!!紫外線にもご用心!!(髪編)

間も無く湿気シーズンです・・・。

先日、湿気シーズンのヘアケアについてご紹介しました。

(そのブログは →  コチラ

 

湿気も大敵ですが、この時期『紫外線』も一気に照射量が上がり、

紫外線による髪のダメージも一気に増します!!

真夏に髪の紫外線ケアを始めては、実は少々遅いのです。

 

髪が紫外線を受けると・・・(ダメージをもう少し細く表現すると)

毛先・切れ毛が増え、パサパサになる!

カラーの色落ちが早くなる!

この2つの悪影響が出ます。

 

これらをなるべく防ぐには・・・

髪用のUVスプレーをつける(UVカット効果のあるトリートメントを使用する)

お出かけ前に、髪全体的にシューっとUVスプレーをつけるだけでOKです♪オイルやクリーム式のものもありますが、スプレー式の方が髪全体にいきわわたりやすく、根元付近のベタつきが出にくいです!!

帽子をかぶる・日傘を差す

UVカットの定番対策ですね。UVカット加工になっているものが望ましいです!!UVカット加工がない場合は、色の濃いものを選ぶのが望ましいです!!(濃い方が、紫外線を吸収してくれるんです)

が、代表的な対策になります!!

※奥の手ではありますが、「髪を結ぶ」も、一つ対策になります。UVが当たる表面積を小さくすることで、ダメージの範囲を最小限に留めることができます。例えば、帽子をかぶって出てきた毛先を結んでおく。という形で、上記の代表的なケアと組み合わせて結んでいく方が、効果があります。

 

また、これらの対策を行っても、髪に少なからず負担はかかりますので、

そこは、お風呂タイムでカバー!!

シャンプー後、「トリートメント」をたっぷりと髪の中間から毛先に揉み込んで、5〜10分ほど時間を置いてから流すようにしましょう!!時間をしっかり置くことで栄養成分が浸透し、紫外線で受けたダメージをカバーしてくれます!!(リンス・コンディショナーでは × です)

乾かす前には、洗い流さないトリートメントも忘れずにつけましょう!!ダブルで使うことで、髪の内側&外側をしっかりカバーします。

 

この時期からUVケアを継続してできるか否かで、秋の髪のコンディションが大きく変わってきます。

ハイトーンのカラーリングなど、夏のオシャレを楽しみつつ、秋には秋のオシャレ(パーマや少しトーンを抑えたカラーなど)が楽しめるように、ちょっと早めの今から、髪を紫外線から守っていきましょう(^-^)

 

店長井上LINE公式アカウント→友だち追加

お電話でのご予約はこちら → 0238-40-8777

∗ウェブ予約はこちら → ここをクリック