それでもあなたは染めますか? vol.2

vol.1はこちら!!(カラー剤を頭皮につけてはダメ!!)

※vol.2をご覧になる前に、ご一読下さい。

 

 

vol.2の今回は、『カブれたらカラーを楽しめない!!』

前回の話の一部にスポットを当て、お話します。(前回に続き、セルフカラーをしている方を中心に発信します)

 

前回、頭皮にカラー剤をつけて染めることで起こりうるリスクをご紹介しました。

その中に「頭皮がカブれる」も記載したのですが、これが一番怖い!!

 

・・・なぜか?

 

(冒頭の通りですが)カラーをすることができなくなります・・・

しかも、ある日突然カブれます・・・

 

vol.1でご紹介しましたように、頭皮にカラー剤をつけながら染めていると、化学成分が頭皮から吸収されます。これが知らず知らず蓄積し、ある一定値を超えるとカブれとなって現れます。

例えれば、頭皮に「カラー剤の化学成分を溜めるコップ」があるとして、頭皮についたカラー剤から吸収された化学成分は、このコップに溜まります。コップに収まっているうちは問題ないのですが、いつかは溢れてしまいます。一度溢れてしまうと、その後カラー剤の化学成分は体にとって「毒」だと判断されて、受付拒否=カブとなって、カラーを楽しむことができなくなってしまうのです!!

コップの大きさは、人それぞれ様々。カラー剤を頭皮につけて染め続けても、一生溢れない方もいれば、ちょっとそうしただけて溢れてしまう方もいるでしょう。

つまり、誰にでも起こる可能性があり、いつ起こるかわからないのです!!

今までは大丈夫でも、次回も大丈夫という保証は誰にもないのです!!

(多くのアレルギー症状はこんな形で、コップからアレルギーの元が溢れるか否かで、起きる起きないが決まります。一番わかりやすい例は「花粉症」でしょうか)

 

それでもあなたは染めますか?

 

そうなる前に、頭皮へカラー剤をつけない染め方で、カラーをしてくれる美容室でカラーをしましょう!!

 

店長井上LINE公式アカウント→友だち追加

お電話でのご予約はこちら → 0238-40-8777

∗ウェブ予約はこちら → ここをクリック