紫外線シーズンは、朝シャンにご用心!

突然ですが、どうして紫外線シーズンは朝シャンにご用心!だと思いますか?

  1. 紫外線シーズンは湿気を伴うので、朝シャンをすることで、髪の中の水分バランスがおかしくなり扱いにくくなるから。
  2. 気温が暖かいため、ドライヤーをかけている最中に汗をかき、『朝シャンした意味あるんかなぁ?』と感じやすいから。
  3. 書いている私がなんとなく『朝シャンにご用心』と思ったから。

 

正解は・・・

・・・・

・・・・・・

4.朝シャンをすることで、頭皮の皮脂膜が破壊され、頭皮が紫外線のダメージをもろに受けてしまう環境になるから!でした。

(ズルい出し方ですいません(・Д・))

具体的にわかりやすく解説いたします。

目には見えませんが、人間の肌には『汗・脂・垢』が混じりあった皮脂膜と呼ばれる天然の保湿クリームが存在しています。これがあることで、摩擦から肌を守り・皮膚にいる常在菌(人の肌に常に存在している良い菌)の働きを助け、肌を健やかに保つことができ・肌の水分が蒸発しないようガードしてくれます。

それに加えて、『紫外線から肌を守る』という機能も持っています!

頭皮も肌ですから、皮脂膜があります。

シャンプーをすると皮脂膜は一旦壊れ、おおよそ6〜7時間後に再生します。

ということは、皮脂膜が再生するまでの間、肌は『超無防備状態』( ̄^ ̄)ゞ

摩擦に弱いわ、悪い細菌が繁殖しやすいわ、水分が蒸発しやすいわ・・・

紫外線の悪影響を受けやすいわ・・・((((;゚Д゚)))))))

 

そして、一日のうち紫外線が非常に多く降り注いでいる時間があります。

10:00〜14:00です!!(一日の紫外線量の50%以上がこの時間に!)

この時間に外を出歩く方は、なかなか多いのではないでしょうか?

 

つまり、紫外線シーズンに朝シャンをすると・・・

頭皮を自ら紫外線に対して無防備な状態にし、そのまま紫外線が最も強い時間に飛び出していくことになります!!!!

(この時間ではなくても、外に出ている間は常に紫外線にさらされます)

朝シャンが習慣化している方は、紫外線シーズンだけでも控えて(お湯で軽くすすぐくらいにして)、肌が本来持っているバリア機能を活かして、頭皮になるべくダメージがないように過ごされることをオススメします♪

紫外線シーズンのケア知識として、ご参考になれば幸いです( ^ω^ )

 

店長井上LINE公式アカウント→友だち追加

その他、紫外線対策の知識をたくさん持っています!!なんでもご相談下さい(^ ^)

お電話でのご予約はこちら → 0238-40-8777

∗ウェブ予約はこちら → ここをクリック